ニュータウンポップってなに? YOOKs

今日はYOOKsを紹介したい。
自らの音楽をニュータウンポップと称する彼ら。
あまり伸びてないけどもっと評価されて良いと思う。

ありそうだけど無いジャンルだ。
こういうのが聞きたくなる夜はあるけど探しても見つからないよね。
かゆいところに手が届くYOOKs独自の音楽。
この何とも言えない優しさは彼らにしか出せないんだろう。
落ち着いた歌詞とメロディラインが心にしみすぎる。




音の少なさが好き。
鍵盤が控えめなのがとても良い。
シティポップを聞いてると鍵盤がうるさくて残念な気持ちになることが多々ある。
YOOKsは全然そんなことない。
でもギターだけじゃこのオシャレさはきっと出なくて、大切なエッセンスになっているのは確かだ。
良い曲だなオイ。

あとコーラスも女の子を使って正解だよね。雰囲気出てる。
女の子がちょっと歌うだけでなぜか都会感が増す。
この現象なんなんだろう。

一時期流行っていたオシャレすぎる音楽達とはまた違うジャンルだと思う。
大人のポップスって印象。
これがニュータウンポップかあ。
楽しみなバンドだ。

彼ら、京都の大学院生らしい。
20代でこんな曲書けるの完全に尊敬に値する。
素敵なバンドだからもし就職しても音楽を続けてほしいな。
恥ずかしながらアルバムを持っていないので購入させてもらいます。
みなさんも是非。

短いですが今日はこの辺で。
それでは。

オモテ

音楽について思うところを書いています。