和田アキ子の曲をちゃんと聞いたことない奴集合。

正直みんな聞いたことないでしょ、和田アキ子。

俺もなかった。
知ってる曲と言えば「あの鐘を鳴らすのはあなた」くらい。
歌手というよりタレントの印象のほうが強い。
wikipediaもタレントとしての和田アキ子のことばっか書いてる。

でも気づいてしまったんだ俺は。
和田アキ子の曲がクソカッコいいことに。

歌手としての和田アキ子

え…
ファンキーすぎる…

最初のドラムのフィルインから既にカッコいい。
ベースラインやばすぎる。
ゴーストノート気持ちよすぎるだろ。
16分で鳴ってるタンバリンがアップテンポな曲調に更に軽快さをプラスしてる。
リズム隊が一番おいしい目立ち方をする曲だと思う。

てか和田アキ子表現力あるな。
パワフルな声がこの曲に相当似合ってる。
ラスサビの「ライラライラ」がなんかめちゃくちゃ気持ちいい。
なんだろう、昭和のスターだからこそ歌えるフレーズというか。
作詞家の言葉選び凄いね。

この曲の発売は1998年。
どちらかというと昭和って曲調だけど平成発売なんだね。
夜空ノムコウ、夏色、誘惑などが流行した年。
そりゃこの曲は流行らんわ。
でもすげえかっけえ。
和田アキ子の人気全盛期じゃないのもあって、埋もれてしまったのが勿体ないな。




和製リズム・アンド・ブルースの女王

デビュー当時、和製リズム・アンド・ブルースの女王というキャッチコピーで売り出されていたらしい。
しかしその時代の楽曲よりも90年代、00年代に発表している曲のほうがソウル色やファンク色が強い。
70年代の曲は良くも悪くも昭和歌謡曲という印象。
なんでそんなキャッチコピーをつけたんだろう?と思っていたら、シングルカットされてる曲ではなくアルバムに収録されている曲にR&B要素の強い曲がたくさんあった。

シングル曲の古臭い感じが僕の中の和田アキ子のイメージだったけど、アルバムはむしろ現代で流行りそう。
「フリーソウル和田アキ子」(アルバム名ダサすぎる)と「リズムアンドブルースの女王。」というアルバムにかっけえ曲が新旧混ざっていくつも収録されている。
是非チェックしてみてほしい。

抜群の声量と芯のある太い声。
テレビで聞いたことある曲よりも、全面にR&B色を押し出している曲のほうが映える。
ここ数年の曲は歌詞も含めてダサすぎて正直聞けなかったけど、昔の曲はマジでかっけえ。

みなさんも聞いてみてください、和田アキ子。
予想よりも100倍カッコいいから。
なぜ和田アキ子が有名になったのかが少し理解できた気がする。
声が全盛期だった時代のライブを見てみたかったなあと思う。




オモテ

音楽について思うところを書いています。