wacci 「別の人の彼女になったよ」を紹介したい

こうして記事を書いていると音楽へのアンテナが大きくなる。
このブログを開設する前は新しい音楽に触れようと思う機会も少なくなっていたから、やっぱり好きなものをアウトプットするっていうのは気持ちに変化をもたらすんだと思う。

普段全く聞かないようなバンドも聞くようになった。
自分で漁りに行くようにもなったし、twitterのタイムラインに流れてるMVのURLにも積極的に飛ぶようになった。
やっぱり好みのジャンルじゃないと全曲好きってことはないけど、今まで見つけられなかった名曲を発見できることは嬉しい。
驚くほど刺さってくる曲は意外と近くに転がってたりする。
wacciの「別の人の彼女になったよ」って曲はまさにそうやって見つけた一曲だ。




これぞポップだなあ。
シンプルでほんとに良い。
僕が改めて語るようなこともあんま無い。聞けば全部分かる。
多分、とても分かりやすい。

僕は小難しい日本語を並べてるような歌詞が好きなんだけど、こういう愚直な歌詞もたまに聞くとハッとなる。
こんなにも入り込める歌詞を書けるのはそれはそれで才能だよなあ。
歌に登場する人とは性別が違うのにその心情に自分の心も追従できてしまう。
聞いてるだけで、同じ気持ちで懐かしんだり切なくなったりできる。

youtubeにupされてるMVはショートverだから各自でフルverを聞いてほしい。
一曲通して聞くと、一番からラスサビまで通じてある女性のストーリーになっていると分かる。
一番と二番の歌い分けというか書き分けというか、そこがこの曲のミソだと思う。
二回目のAメロ辺りからグッと引き込まれて、最後まで目が離せなくなる。(耳が離せなくなる?)

ラスサビの「だけど私はズルいから」って歌詞がマジで好き。
こういう感情ってみんな口に出さないけど誰しも持ってるものだと思う。
恋愛に限らずだけど、みんなそれぞれ過去を抱えながら前に進まなくちゃいけなくて、でも振り返りたい時もあって。
自分の中にはその感情に対して肯定も否定もあるから難しい。
その”ズルさ”って、歌にするとなんで切なくなるんだろう。

主人公の男女みたいな関係が周囲にいるわけではないけど、でもどこかにはいるんだろうなあ。
あまりリスナーに近いことを歌にしても安っぽくなるし、かと言って難しすぎる恋愛を歌にしてもキャッチーじゃない。
この歌は心のちょうどいい場所にすとんと落ちてくる。
歌詞が良いとされているポップはきっと意図せずともそんな性格になってるんだろうね。

「別の人の彼女になったよ」という曲。
あなたにとっても大切にしたい一曲になると嬉しいです。

それでは。

オモテ

音楽について思うところを書いています。