potageを聞いてtricotが世界に出ていくバンドだと確信した

もう既にtricotは世界的なバンドである。
今もUSツアー真っ最中だし、これまでもヨーロッパやアジアでツアーを行っている。
NMEやNPRにプッシュされてる日本人はそうそういない。
紛れもなく世界に誇れるバンドだ。

potageを聞いて、この人たちは日本じゃなくて海外で売れていくんだなと確信した。

これでもかってぐらいにリフで押してくる。
邦楽はサビを盛り上げたいからサビではリフを使わない。
その点tricotは洋楽的。
イントロとかAメロとか関係なくぶちこんでくる。

なんていうんだろう、上手く言葉に出来ないけど曲の全編通して日本人に流行る音楽じゃなさそう。
Aメロの歌メロの不安定さとか、裏声を多用してたりウィスパーボイスに近いところもあったりとか。
深めなリバーブやコーラスがしっかり入ってるのもそう。
日本ではもっと元気な音楽が流行る。
明らかにtricotの音楽は元気を出すジャンルではない。

potageみたいな遅いテンポで割とシンプル(他の曲に比べれば)な曲ですら完全にtricot色に仕上げてきてる。
こんなん誰も追いつけませんって。




彼女たちの才能に比例して海外からの評価は高まっている。
youtubeのコメント欄を見るだけでも分かる。
概要欄も英語から書いちゃってる。

反して日本国内での評価は思うよりも伸びていないように思える。
イッキュウが川谷絵音らと共にジェニーハイを始動して知名度こそ今までより高くなったが、それでもまだまだだ。

僕が思うに、日本人は”他人と乗りやすい”音楽が好きな民族なんだと思う。
tricotの音楽は乗るのが難しい。
変拍子だし構成も分かりづらいしリズム隊のアプローチも複雑。
多くの日本人はそういう曲を聞くと「自分のこのノリで正解かな…?」と感じてしまって気持ちよくないのだろう。

海外のリスナーはどちらかというと好き勝手に気持ちよくなってる印象。
平気で曲中に歌ったり叫んだししてるし。
日本のライブハウスは暗黙の秩序をみんな守ってるよね。
そういう側面もあってtricotは日本に比べると海外ウケのほうがいいんだろう。

個人的にはどこで売れようと関係なくて、そのバンドがちゃんと売れて新しい曲を出し続けられる環境が整っていればそれでかまわない。
日本にこだわって、結果食えて行けないんじゃしょうがない。
世界中をマーケットにして演者達が良い暮らしが出来るなら絶対にそっちのほうがいい。

彼女たちはもう世界に飛ぶ準備は出来ている。
日本でも大ヒットすると嬉しいけど、どうだろう。




オモテ

音楽について思うところを書いています。