ポップスが聞きたいならとけた電球が間違いない。

ポップス系の若手バンドを探しているなら、とけた電球を聞いておけば間違いない。

彼らは絶対に売れる。
今のうちにツバつけとけ。

本当に良い曲。
とても良質なバラード。
“最終回感”が凄い。
マジで好きです。

CDに収録されているのとはテイクが違うのかな?ミックスが違うだけかな?
ちょっと分かんないけど、アルバムに入ってるverのほうが断然いいから是非みんなにはそちらも聞いてほしい。
PVの音源よりもゴージャスな音になってて更に良い。

僕はとけた電球の何が好きなんだろう。
たぶん、スッと入ってくるメロディーが心地いいのかな。

歌は上手いんだけど綺麗すぎない、少しクセのあるボーカルが好き。
スピッツとか清竜人みたいな。
そういうカテゴリにとけた電球・岩瀬は居ると思う。
優しいけどカリスマ性のある声がしっかり楽曲の世界に引き込んでくれる。




岩瀬はペトロールズに影響を受けているらしく、Welcomeはその色が濃く出ている。
てかギターも上手いのすげえな。

シティポップが流行っている昨今こういう曲は埋もれてしまいがちだけど、とけた電球は彼ららしさをしっかり出せていると思う。
前述したボーカルの良さはここでも目立っている。
そしてこの曲は楽器陣も特徴的だ。
ベースのブリブリサウンドとフレーズがたまらない。亀田誠治に影響を受けているのが良く分かる。
ベースの人脱退しちゃったの悲しいなあ。
ドラムとの息もぴったり。考えてリズムを作ってるのかなという印象。

キーボードの音色作りが上手い。
鍵盤楽器の音って目立つから曲の雰囲気をかなり左右する。
キーボードの境はちゃんと曲ごとに適切な音色を選択できている。
Welcomeも彼の音のおかげで都会的な雰囲気がグッと引き締まっている。
素敵な靴という曲の彼の鍵盤が本当に素晴らしいからみんなにも聞いてほしい。

もうこいつらは全部良い。
ロックとかメタルが嫌いな人がいるのは理解できるんだけど、とけた電球の音楽って嫌いになる人はいなさそう。
やっぱそれこそが本当の意味のポップスだし、彼らは惹きつけるものを十分に持っている。
ポップスをやるために生まれてきた男達。

少し大きめのタイアップとかが来たら一気にブレイクしそう。
バンド名も覚えやすいし。結構大事な点。
あとメンバーが慶應義塾大学出身なのに音楽に本気なのが素晴らしい。
とけた電球が大学生活で終わるバンドなんてあまりに勿体ない。

彼らは上に行くバンドだ。
こいつらが売れなかったらこの世界は嘘だ。
今のうちにチェックしておいてください。

それでは。




オモテ

音楽について思うところを書いています。