僕はおいしくるメロンパンが好きな人と友達になりたい

おいしくるメロンパンが新譜をリリースした。
hamelnというアルバムだ。
2017年にミニアルバム「indoor」を発表してから約1年。
indoorでもかなりの衝撃を受けたが、彼らはたった1年で信じられないくらいの進化を遂げていた。
邦ロックが好きならもうおいしくるメロンパンのことは無視できない。
間違いなく彼らは2010年後半を代表するバンドへと歩みを進めた。

聞いてくれ、hamelnのトレイラーだ。
全曲良い。この短い時間聞いただけでもわかる。
こんなに表現力があるバンドだったっけ?
もうどこが良いとかじゃない。曲の全てがいい。
ボーカルのナカシマがTwitterで発言していたが、これは本当に魔作。

同じ人間が作っているのに全曲似ていないっていうのは実は凄いことで。
hamelnはどの曲からも受けるイメージが異なる。曲ごとにそれぞれの色がちゃんとある。
でも芯はブレずに一本通っていて、聞けば「あ、おいしくるメロンパンだな」となる。
いやあホントとんでもないバンドだなこの人たちは。




おいしくるメロンパンが出てきた当時、「ああまたこういうバンドか」と思ったリスナーは多いだろう。
ポップすぎるバンド名。高い声に重めのボブ。あまりにも多い女性ファン。
これだけでいわゆる“サブカルバンド”と括られてしまうには十分だ。
曲を聴く前から敬遠してしまう人もたくさんいただろう。僕もそうだった。

何がきっかけだっただろう。
ふと彼らを聞いたとき凄く驚いたのをよく覚えている。
どの曲もめちゃめちゃにカッコよかった。ギャップがとんでもなかった。
声は爽やかだけど歌詞は簡単じゃなく魅力的で、サウンドは尖っていた。
正直バンド名で損してるなと思った。
おいしくるメロンパンなんてバンド聞いてみようってなれないでしょ。
でも聞くべき。
聞いたことないのであれば今すぐに聞くべき。
偏見や聞かず嫌いで無視していいバンドではない。

カッコいいと思うバンドはたくさんいるけどおいしくるメロンパンは今までのどのバンドにも当てはまらないジャンルの良さを持ってた。
聞けば分かるオリジナリティ。
流行に乗ってそうで全然乗ってない。誰よりもわがままに自分の音楽を突き通しているのがおいしくるメロンパンだ。




今回リリースされたアルバムのリード曲、nazca。
正直どの曲もリード曲として世に出せるレベルの楽曲だと思うが、nazcaはその中でも最もキャッチーだと思う。
彼らは計算してキャッチーを作れる。“色水”や”あの秋とスクールデイズ”がいい例だ。
メロディも構成ももっと複雑にできるはずだしそうやって作っても良い曲なはず。
でも彼らはあえて曲に足しすぎないことでキャッチーさを際立たせている。
そこがおいしくるメロンパンを彼らたらしめている部分だと僕は思う。
曲が単純すぎてもつまらないし難しすぎても困る。
ギリギリのキャッチーを追求しているのが彼らだ。

nazcaもリスナーである僕たちが聞きやすいように作ってくれている。
おいしくるメロンパンが持つ叙情的な歌詞もおそらくもっと難しく書けるんだろう。
でも適切な言葉選びで絶妙なバランスを保っている。
どこまで考えて曲を作ってるのかっていうのはリスナーには分からないけど、仮に考えてなかったとしたらそれはそれで天才だ。どっちにしろ強い。

hamelnは疑いなく名盤。
彼らはあくまで彼らのまま更に上のステージの音楽に辿り着いた。
絶対に聞いてほしい。そしておいしくるメロンパンの世界に浸ってほしい。
この記事で少しでも彼らの魅力が伝わると嬉しい。

今日はこの辺で。
それでは。

オモテ

音楽について思うところを書いています。