ニトロデイでギターロックを思い出せ

バンドをやるに当たって、どういう音楽がカッコいいかを分かってるっていうのは非常に重要だ。
カッコいいものを知らなかったら自分でも良いものは作れない。
そして何をカッコいいと思うのかというセンスもまた重要だ。
カッコいいものをカッコいいと思えないのであれば、自分では良いものは作れない。

全部満たして、確かにカッコいい音楽を鳴らしているバンドがある。
その名をニトロデイと言う。

ジェット、めっちゃ良くね?
youtubeの広告でこの曲が流れてきて、珍しくスキップせずに聞き入ってしまった。
なんだこのバンド、と思って見てたらニトロデイだった。
少し前の彼らとは明らかに違っていて驚いた。
自分たちの”芯”になるものを見つけたような、目指す方向を見定めたような、そんな印象だった。

ニトロデイを聞くと、ギターロックとは何かを思い出せる。
こういう音楽を今やれているバンドは少ない。
音楽に正解や不正解はないが、彼らのサウンドと心意気は本物だと思う。
なぜだか無性に応援したくなるバンドだ。




NUMBER GIRLやART-SCHOOL、Sonic youthから影響を受けているらしい。
先駆者たちと比べるようなレビューも多いが、マシン・ザ・ヤングというアルバムからはもうその必要はないように思う。
ニトロデイにしかないオリジナリティが確かに感じられるアルバムに仕上がっている。
リード曲であるジェットにはそれが色濃く現れていた。

レモンドという曲。
この曲のリリースから今のニトロデイらしさが見えてきたとインタビューにて語っていた。ターニングポイントになった曲だ。
なんとなく分かる。
切なくて危うくて、でも尖っているこの音楽性。
ニトロデイの4人だからこそ作れるものなのかもな。

レモンドの歌詞の短さ、良いなあ。
シンプルイズザベストを体現している曲だと思う。
不甲斐ないな、冴えないなという歌詞を書ける小室の感性が好き。
これが刺さらなかったら自分のロックへの感性を疑ったほうがいい。それくらいに名曲。

それと、ギターのやぎひろみという人についても触れておきたい。
この人はギターヒーローになれる人だと思う。
音のセンスも良いし、なにより自分の魅せ方を知っている。
幸薄そうな華奢な女の子が全部振り絞って轟音を鳴らしていたら、僕たちは惹かれない訳にはいかないんだよ。
ニトロデイの間奏は彼女のためにある。
やぎさん、これからもジャズマスターと共に輝いてください。

2018年のニトロデイは、小室のやりたい音楽を踏襲しつつも自分達の色を出すことに成功した。
真新しくて真っ白な音楽ではないけれど、色の付け方はニトロデイにしか出来ないものだ。
どこに出してもカッコいいから、もっと色んなリスナーが出会うべきだ。
まだ10代の音楽。ニトロデイは始まったばかり。
今後が楽しみです。

それでは。




オモテ

音楽について思うところを書いています。