お前らは多分モーモールルギャバンのことを誤解してる

モーモールルギャバンはサイケな恋人という曲のせいで誤解されている。
この曲が一番知名度があるから”パンティーって叫んでるコミックバンド”と捉えられがちだ。
サイケな恋人もユキちゃんも確かに彼らの一部だ。ライブでは確実に盛り上がる曲たちだ。

でも彼らは自分たちがやっている音楽のジャンルを「J-POP」としていることも忘れないでほしい。

誤解されている音楽性

モーモールルギャバンはふざけた曲だけを作っているバンドではない。
真面目な歌詞を歌っている曲もたくさんある、というかそっちのほうが多い。
しかし世間の認識は違って、やはりふざけたバンドだと思われているのかなと思う。
悲しいよ俺は。
みんなもう一度モーモールルギャバンにきちんと向き合え。

こんなストレートに愛が全てさと歌われたら、「そうなのかな?」と思ってしまう。
俺たちは照れくさくて言葉に出せないけど、ゲイリーは間違ってないよと歌ってくれる。
ただただ良い曲。
演者がパンイチだからこそ心の壁を越えて刺さってくる音楽ってのもある。

この人たちは3ピースバンドとは思えない音を良く出す。
だいたいキーボードのユコが出してるんだけど、それがまたカッコいい。
ゲイリーの書く歌詞やメロディーは素直すぎて、おそらくギターロックだとスタンダードすぎて埋もれてしまう。
それを彼ら独自のサウンドに仕上げているのは確実にユコカティだ。
キーボードにギターエフェクター繋いで、なんならギターも寝かせて置いてあって、しまいには銅鑼まである。
全部彼女ひとりで操ってる。すげーよほんと

歌のストレートさに反して、キーボードもベースもゴリゴリに歪ませてくる。
やりすぎでしょって思っても不思議なことにまとまっている。
だから聞いてても飽きないしカッコいいと感じるんだと思う。
バンドじゃあまり聞かないタイプのサウンドだからね。

正直なところ、モーモールルギャバンは一度ブレイクした後人気が下がっている。

彼らが今よりも動員していた時代の曲はもちろん良い曲ばかりだ。
細胞9やユキちゃんの遺伝子、LoveShoutもサノバビッチェも全部名曲だ。

でも今の曲も全部名曲だ。
ゲイリーはどれも手を抜いていないのが伝わるし、ユコはこんなアレンジも出来んのかよってアレンジを今でも平気でかましてくる。
モーモールルギャバンは常に走り続けていて、同時に変化し続けている。




リスナーがバンドの変化を許せるかどうかは個人に依るだろう。
あの時代のほうが良かったと嘆くファンがいる一方で、今のサウンドが一番いいと言うファンもいる。
前者は離れていくだろうし後者は応援し続けるだろう。
モーモールルギャバンは少し前者のファンが多かったのかなと思っている。
ゲイリーにパンティーを求めすぎていた人たちは、そりゃさらば人類やガラスの三十代を聞いてもピンと来ないだろう。

作る音楽が悪くなったわけではない。
むしろ演奏も上手くなって出来ることも増えているし洗練されている。
絶対に刺さる人はいるし、それを信じて彼らもやっている。
しかしリスナーに届く前にパンティーフィルターにかかってしまう。ああ、ふざけたバンドなら聞かなくていいやと。
めちゃくちゃもどかしい。
サイケな恋人が大切な曲なのは明らかで、俺も当然大好きだ。
でもこのバンドはサイケな恋人という枷をはめられている気がしてならない。
彼らの魅力はパンティーにもあるが、パンティーだけではない。

みんなにはフラットな気持ちでモーモールルギャバンを聞いてほしい。
良いと思ったらライブに行ってみてほしい。
この人たちのライブは信じられないほど楽しい。

モーモールルギャバンが再評価される日を俺は待っている。




オモテ

音楽について思うところを書いています。