きのこ帝国をジャンル分けするのは野暮が過ぎる

きのこ帝国がシューゲイザーだとか、ロックだとか、ポップだとか、アンタ達まだやってるんすか。

きのこ帝国はきのこ帝国。
それでよくないですか。




きのこ帝国の10年

きのこ帝国は変化し続けるバンドだ。
アルバムごとにこんなにも毛色の違う音楽を作っているバンドはまあなかなか居ないだろう。

アルバム「eureka」のリードトラック、ユーリカ。
きのこ帝国はこのアルバムで有名になったから誤解されている部分も多々あると思う。
確かに他のアルバムに比べて、そして当時としても珍しく轟音を前に出したアルバムではあるけれど、本質はそこにある訳ではなくて。
ボーカル佐藤の世界観を表現するためにそういう音を選んでいただけじゃないだろうか。
“当時の”きのこ帝国にとってはそういう音が最善だった。だから評価されたし、今でも良いと言われ続けている。
でも、eurekaにはシューゲイズ的アプローチではない曲も収録されているし、今でもライブで演奏されているのはそういう曲だ。
佐藤の世界を歌にする方法がeurekaでは轟音だった。ただそれだけだ。

おそらく彼女達の曲で最も周知されている曲。
東京。

やっぱり東京という名前がつけられた曲は名曲揃いだなあ。
きのこ帝国も例外ではない。

eurekaから1年と少しでこの曲をリリースできるのすごくないですか。
各方面からシューゲイザー的アプローチを褒められて、名前もだんだん知られてきて。
そこからの”東京”。

eurekaは空間系のエフェクトが多様されていて浮遊感のあるアルバムに仕上がっていた。
前述の通りそこを評価している人はたくさんいるし、それを受けてきのこ帝国の音楽を「浮遊感」と形容する人は多い。
でも東京が収録されているフェイクワールドワンダーランドというアルバム。
このアルバムにはその言葉は似合わないだろう。
もっと地に足がついて、リスナーに寄り添う音楽に変化している。
佐藤自身の姿が曲から垣間見えるような、そんな人間味を増したアルバムだ。
ここからきのこ帝国の音楽は更に変化を続け、進化していく。

アルバムのリード曲にピアノメインの曲を持ってきやがった。
あーちゃんがピアノ弾いてるのを見た時、驚いたのを覚えています。

ギターサウンドであることに拘ることすらやめて、シンプルに、でも深く心に刺さるように曲を作り始めたことをリスナーとしても実感できる曲だ。
アルバム全体を通してもそういう構成になっている。
活動初期から着ていた鎧をどんどん脱いでいって、最後に残った優しい部分がそのまま歌になっているようなイメージだ。
でもそこがアーティストの本質だ。
着飾ることをやめて、”良い音楽”を作ることに重心を置いたんだろう。
筆者としてはその変化を嬉しく感じたい。




そして10年目。
「夢みる頃を過ぎても」を産み落として、きのこ帝国は新しい10年へと向かい出した。
東京が代表曲だった10年から、この曲が代表曲になる10年だ。
素晴らしい歌詞とアレンジ。
この曲に関しては編曲者に最大の賛辞を送りたい。きのこ帝国と一緒にとんでもない名曲を生み出してくれてありがとう。

きのこ帝国の歴史を追っていくと4人の人間的成長までも感じられる。
若者が作る音楽から、大人が作る音楽へと確実に変化している。

常にリスナーの期待を裏切り続ける作品をリリースしていく彼女達。
その裏切りを良い意味で受け取るファンも悪い意味で受け取るファンもいる。
そうやって二分されるのは仕方ないことなのかもしれないけど、バンドが選んだ音を尊重するのが一番いいんじゃないかなと思う。
きのこ帝国は新曲を発表するたびにそのサウンドについて議論されるバンドだ。
「昔のほうがいい」とか「今のほうがいい」とか。
でもそれってどの時代の曲も評価されていることの裏返しだ。
アルバムの色は全部違うのに、全部きちんときのこ帝国で、全部ちゃんと良い音楽。
だから彼女達の音楽にジャンル分けなんていらないんだよ。
もう無用な議論はやめて、各々のきのこ帝国に向き合えばいいんじゃない?

これから先もきのこ帝国の音楽が楽しみだ。
次はどうやって期待を裏切ってくれるんだろう。

オモテ

音楽について思うところを書いています。