2018年最も注目すべきバンド INNOSENT in FORMAL

2018年突如現れたバンド、”INNOSENT in FORMAL”
彼らは映画館のスクリーンから飛び出してきたロックバンドだ。
古い映画の主人公だった彼らは現代に自分たちの音楽を広めるために全国をLIVEして回っている。




そう、彼らはGorillazのようなカートゥンバンドである。
こんだけ最初から設定も作りこんでるバンド、絶対タダモノじゃないでしょ。
「INNOSENT 0 ~ The night late show ~」というアルバム、1stとは思えないほどの完成度だった。
どんなやつらがやってるのか本当に気になる。

Footlooseを聞いたら分かるように、このバンドカッコよすぎる。
サウンドはゴリゴリにガレージロック。
古い映画から出てきたって設定がバシっとハマる音が鳴ってる。
でも古臭すぎるわけではなくて、ラップと融合することでいい感じに現代風の音楽にまとまっている。

めっちゃロックでカッコいいのにサビのキャッチーさがヤバイ。
シャルウィー↑↑↑ダンス!
こんなん1回聞いたら絶対忘れないでしょ。
一緒に歌いたくなるもん。てか歌ってる。チャリ乗りながらシャルウィー↑↑↑って言っちゃってる。

One for youはもっとシンプルなヒップホップって感じ。
RIP SLYME感強い。懐かしいサウンドだ。
Footlooseは結構硬めのミックスでオールドな雰囲気が出てたけど、この曲は柔らかくてムードがガラッと変わる。

絶対この人たち洋楽好きなのにちゃんと日本語で歌ってくれてるのが嬉しい。
バンドでラップする人って英語でリリック書くイメージが強いんだけど、やっぱ日本語ラップでカッコよくなるほうが良い。

INNOSENT in FORMAL、ビジュアル面も徹底してて素晴らしい。
instagramに上がっている彼らの写真は全て実際の風景にイラストが重ねられているものになっている。
あくまでカートゥンバンドであり、実際の姿はライブに行かないと見れないのだ。
ミステリアスでいいね。
音だけじゃなくて、バンド活動全体としてアートへのアプローチをしているように思える。

INNOSENT in FORMALみたいなバンド、きっとみんなの周りにはいないはずだ。
2018年、彼らに注目しておけば間違いない。

それでは。




オモテ

音楽について思うところを書いています。