Hump Backは青春を代弁してくれるバンドだと思う

Hump Backは果たしてどこまで成長していくんだろうか。どこまで進んでいくんだろうか。想像を遥かに超えたスピードで彼女達は駆け上がって行っている。

大阪出身のHump Back。

この人達ほど愚直なロックを鳴らしてるバンドはいま日本にどれだけいるんだろう。
邦ロックの一番シンプルな形。
別に難しいことはしてないし構成も簡単だしコードもシンプルだ。
どこにでもいそうなバンドなのに、こんなに琴線に触れるのは何故なんだろう。なんとも言葉で表せない魅力を彼女たちは持っている。




ギターボーカル、林萌々子という人。
この人から出てるオーラは凄い。マジでなんでか分からないけど、この人について行ったらたぶん大丈夫なんだろうなと思う。
懸命に歌うその姿はリスナーの目に強く焼き付いて、さらに惹きつけられていく。
バンドのフロントマンという職業がよく似合っている人だ。凛としていて、真っ直ぐな目をしている。

林萌々子は声が本当に良い。
女の子らしい透き通る声だけどロックに似合う荒々しさもある。たぶんそれって難しい声だと思うんだけど、Hump Backの曲は彼女の声を活かしまくっているものばかりだ。
「うたいたいこと」のような抑揚のハッキリしている曲も似合うし、「拝啓、少年よ」のような熱くて限りなく青春の匂いのする曲も歌いこなせる。
“声が良い”っていう表現はかなり振れ幅のあるものだけど、彼女の歌声はきっと“良い”んじゃないかな。
癖が強すぎず、でも覚えやすい声で、歌詞も違和感なくすんなり入ってくる。
みんなの耳にももう残ってるでしょ。林の声は一発聞いたら忘れられなくなる。

星丘公園、何回聞いても凄いな。
“君が泣いた夜に ロックンロールが死んでしまった”
なんすかこの歌詞。そしてメロディ。林萌々子以外に一体誰が書けるんだ。
“制服の裾を掴むような淡い初恋はようやく居場所を見つけたみたいだ”とかもかなり好きなライン。リズムも好き。もう全部好き。
落ちサビとか半音ずつ下がってくコード進行とかラスサビ前のブレイクとか、どれも王道パターンなんだけどそれが安心する。僕たちの聞きたいロック、それです!それなんです!

青春を歌ってくれるバンドっていうのは重要だ。
僕たちはみんな青春ってものが特別だ。
独特の高揚感、焦燥感、後悔や切なさ。色んな感情や情景や匂いや人物や、様々なものが混ざり合って、自分自身にとって凄く大事になる瞬間が人生にはある。
それが青春だと思う。
でも自分ではその青春というひとときを綺麗にアウトプットできない。大切だから目に見えるものにしたいと感じているのに。
Hump Backは音楽を使って青春を確実に形にしている。
ありがたいなあ。
だから彼女達の音楽を好きになってしまう。ついていきたくなってしまう。
全員が代弁してほしい感情・瞬間を、Hump Backは歌っている。




ライブでの演奏力とかは正直まだまだだなあと思うけど、若いバンドだしそこは今求めるスキルではないのかなと。
でも楽器は上手いほうが良いに決まってるから、その辺はこれからの彼女達に期待だ。
場数もたくさん踏んでるしすぐに演奏技術も向上するのかなと考えている。

Hump Backってバンドは何年経っても今と同じような音楽を続けているんだろうなと、なんとなく思う。
これはただの勘だ。
でもきっと彼女達は、林萌々子は、これからもずっと青春を歌い続けるよ。僕にはそんな気がしてる。
そうして、どこまで行くのか分からないけれどたぶん遠くまで行く。
だから今のHump Backを目に焼き付けておこう。
彼女達の青春がどんな景色になっていくのか、とても楽しみだ。

今日はこの辺で。
それでは。

オモテ

音楽について思うところを書いています。