気持ちよくなりたい奴はCampanellaを聞いとけ

今日はCampanellaのことを紹介したい。
カンパネラ、ではなく「カンパネルラ」と読む。

彼の魅力は圧倒的に唯一無二なそのフローだ。
Ramzaの作るリラックスしたゆるい雰囲気のトラックに合わせるなら確かにこれしかないな、と思わされるようなフローでラップしている。
声質も相まって、聞き心地の良さで言えば本当に日本トップクラスだ。

Campanellaは日本語も英語も歌っているのにも関わらず全然日本語ラップ感がない。(まあそれが聞き心地が良いってことの裏返しでもあるんだけど)
初めて聴いた人はしっかりとは聞き取れないだろう。
それは英語が多いからではなくて、ワードセンスの高さと言葉の散りばめ方の巧みさによるものだ。
日本語と英語を織り交ぜて歌うラッパーって、もちろんカッコいい人もたくさんいるんだけど一歩間違うとダサくなりがち。
でもCampanllaは一貫してカッコいい。これって当たり前のようで凄いことだと思うんです。




彼の音楽の気持ちよさの要素としてもうひとつ、子音での押韻の上手さがある。
押韻といえば母音でおこなうのがよく見るパターンであるが、母音が違っても韻は踏める。
特に目立つのは「s」とか「k」とかの子音。
これが上手くいかないから日本語で韻を踏むことはダサいとされている。
でもまあ別に日本語だけで詞を書けって制限があるわけじゃないからね。気持ちいい音楽が作れるならなんでもいいんじゃないか。
ミックスも「かきくけこ」とか「さしすせそ」がかなり目立つようなものになっている(気がする)。
彼の声とフローだと子音が目立ってもうるさくなくて、むしろ心地良いしリズムにもなるからプラスでしかない。

PEASTAというアルバムの表題曲だ。
クールなトラックの上で飄々とやるかと思ったら、歌にはかなり気持ちがこもっていて熱め。
音源も良いけどライブはもっと良いタイプのアーティストだ。
ライブでの発音もリズム感も完璧。
ヒップホップにはこういう人がゴロゴロいるからやめられない。

“俺はルーズでもライムはタイト”
シンプルだけど刺さったライン。

Campanella、気持ちよくなりたかったらみんな聞いてくれ。




オモテ

音楽について思うところを書いています。