邦楽を大好きな僕が選ぶ2018年に印象に残ったアルバム5枚

2018年も終わるので今年印象に残ったアルバムを紹介したい。

僕はせっかくなんで日本のアーティストの5枚を選ばせていただきました。
洋楽で良かったアルバムは僕よりも詳しい人がたくさんレビューしてるので、そっち見てください。
ではいきましょう。




STUTS 「Eutopia」

Eutopiaは本当に名盤だった。
さすがSTUTS。間違いない。
STUTS特有のドラマチックで壮大な、でもどこか切ないビートを思う存分味わえる。

彼の音楽はなんなんだろうな。
どこか遠くの景色を見ているような気分になる。
映画のような、小説のような、遠い異国への旅のような、はたまた日曜日の自室でのコーヒーブレイクのような。
Eutopiaを聞くと色んな感情が湧き上がってくる。

特にJJJを迎えたChangesという曲が大好きだ。
この二人のタッグ、リリース前から凄く楽しみにしていた。そしてその期待を想像できないほど超えて素晴らしい曲だったのでとても嬉しかった。
アルバムを締めるのにふさわしい一曲。
そして2018年を代表するべき一曲。

この記事を書いている時期にちょうどChangesのMVが公開された。
何とも言えない気持ちになるね。
多くは語らないけど、JJJの愛が感じられる映像になっている。
Rest in peace Febb.

さよならポエジー 「遅くなる帰還」

今年一番聞いたアルバムだと思う。
未だにオサキアユの言葉にガッチリ心を揺さぶられている。
彼の歌はもっと遠くまで響くべきだ。

歌詞カードを手元に置きながら聞きたいアルバム。
歌詞を読みながらだと、韻の踏み方も、使っている言葉も、少しだけ近いものに感じられる。
文豪の言葉に一歩近づこうぜ。

どの曲も好きだけど、thusって曲が僕はお気に入りです。
爆弾を作るように、なんて比喩を使えるのはオサキさんくらいだと思う。

2018年の邦ロックはthe ninth apolloが一層目立つシーンだった。
さよならポエジーのこの1枚を、僕はおすすめしたい。

清水翔太 「Friday」

印象に残ったといえば絶対にこれだ。
清水翔太がこんなカッコいい音楽やってたなんて知らなかったよ。
このブログをやっていなかったら絶対出会えなかった1枚だったから、思い出深い。
こういう音楽に出会うためにブログを書いているっていうのは少なからずある。

やっぱり何回聞いてもオートチューンが似合う。
彼くらい歌の上手い人が武器としてオートチューンを選んでいるっていうのが衝撃だった。
まあ一番衝撃だったのは見た目の変化だけど…

3曲目に収録されているGood Lifeって曲のリミックスがめちゃめちゃにイカしてる。
原曲はスローテンポでうーんと思ったけど、リミックスはほんとヤバい。
彼の音楽センスの幅が身に染みる。もっとたくさんこれくらいのテンポの曲作ってほしい。

Fridayも収録されているWHITEというアルバムも2018年にリリースされている。
清水翔太、スルーしていた人は是非ともチェックしてみてください。

eill 「MAKUAKE」

2018年にデビューしたアーティストで一番良かったのはeillだと思う。
MAKUAKEはめちゃめちゃ聞いたわ。
「幕開け」ってタイトルで自分の音楽キャリアをスタート出来るセンスが好き。シビれる。

ただのポップスではなくて、様々な音楽ジャンルへの匂いを感じられるアルバム。
最近の流行のサウンドながらもアルバム全体で統一感が出ていて良かった。
FUTURE WAVEって曲が好きです。サビの音抜きアプローチが最高。

ライブも見たけど生歌もパフォーマンスもとても良くて一層応援したくなった。
絶対売れるから彼女のことは早めに目つけといたほうがいいですよ。

tofubeats 「RUN」

あとやっぱ外せないのはこのアルバム。
RUN、名盤が過ぎる。
まだtofubeatsが20代なのヤバイ。平成が生んだ鬼才。

ふめつのこころについては少しtofubeatsっぽくないと記事でも書いたが、それでも聞いた途端に彼だと分かるのは凄い。
でも、収録曲が全部ふめつのこころみたいにキャッチーな曲調になっているわけではなくて、YOU MAKE ME ACIDくらいのシンプルなダンスチューンはやっぱりtofubeatsらしいなと思う。表題曲のRUNも彼っぽい曲のひとつかな。

RUNは歌物の曲は全部自分で歌ってるのが良い。
全部自分の力でこんな作品作れるのはすげーよ、佑亮。
こんな音楽を作れるようになったら楽しいだろうなあと、アルバムを聞きながら何度も思ったものだ。
少しでも近づけるように頑張ろうぜみんな。

僕が選んだのはこの5枚です。
みなさんの2018年ベストアルバムとかぶってたりしますかね、どうですかね。

日々の音を書き始めたことで僕の2018年は音楽的に実り多い年になりました。
今までであれば出会わなかったであろうアーティストにもたくさん出会えたり、インタビュー記事を読み漁ることで曲の背景にあるものを知れたり。
そういうのって受動的に音楽を趣味にしているとなかなか難しいことだと思うから、ブログを書いていて良かったなあと思います。
少しずつではあるけど記事を読んでくれる方も増えてきて、嬉しい限りです。
2019年もより良いコンテンツを提供できるように頑張ります。

それでは。




オモテ

音楽について思うところを書いています。